【すぐわかる】転職でなかなか内定がもらえない人が読む記事

みなさんこんにちは。氷河期の住人です。

まずは落ち着きましょう。企業は星の数ほどあります。

・・・

さて、みなさん内定が出ていない原因ってわかりますか?

「スキルや経験が足りない」?「質問をうまく返せなかった」?

・・・

たぶん違います。正解は「ほしい人材との一致率が低かった」だけです。

とりあえず、ここではそういうことにしときましょう。詳細はまた後で書きます。

今回はここ5年の内定率100%(内々定含む)、かつ今まで不採用だった回数200回オーバーの私が、中小企業で内定がもらえない原因をまとめてみました。

これを読んで頂けると、色々納得してもらえるかと思いますし、気分転換もできると思います。

不採用の理由を深く考えるのは本当に時間のムダですよ!

続きを読む

『技術者は製図用シャーペン』?本当にジャストなシャーペン探し!

どうもこんにちは。意外と周りに倣いがちな氷河期の住人です。

私は開発職ですが、仕事をしていていつも気になることがあります。

なんでみんなシャーペンが製図用シャーペンなの・・・?

たしかに私たちは機械設計をします。でも、今どきはCADです。なのになぜ製図用シャーペンなのか?

・・この素朴な疑問から、我々設計者にとってベストなシャーペンは何なのか?というのを考えてみました。この20年間色々使ってみた結果、そして職場の仲間たちに聞いたりもしてみました。

ひょっとしたらあなたの仕事にも向いてるものが出てくるかもしれません。働いてる限りはずっと使うもの、いいシャーペンにめぐりあって快適に仕事しましょう!

続きを読む

転職マニアが転職の手順を紹介 -『キャリアアップ』を意識しよう!

どうもこんにちは、早く終身雇用制度なんて無くなってしまえばいいと思っている氷河期の住人です。

さて今回はこれまで転職に関する記事を色々と書いてきましたが、手順通りではなくバラバラに出しちゃいました。

そこで今回、転職の手順を整頓したいと思います。

これを見て頂けると、今まで転職5回(うち超就職難のとき2回)の私の転職ノウハウがモリモリと入っていますので、転職にお役に立てるのではないかと期待しています。

特に見て頂きたいのは就職活動に失敗してしまった人。私も失敗してフリーターからのスタートでしたが、無理矢理『人並みの人生』のレールに復帰しています。

これでいい会社に転職をキメて、努力が報われるような社会人生活を目指しましょう!

続きを読む

いい転職をするなら、「職務経歴書」を毎年更新したほうがいいワケ

どうもこんにちは、転職しすぎて職務経歴書が書籍になりつつある氷河期の住人だよ!

今回は職務経歴書を定期的に更新することの大切さについて書きたいと思います。
みなさんは職務経歴書、よく書きますか?

・・・そうですね、そんなもんよく書く人なんてほとんどいないですよね。

でもこれから転職でステップアップしたいかた、ぜひ年1回は職務経歴書を更新することをおススメします。これをやるだけで、自分のキャリアを振り返って確認しつつ、転職の準備ができるようになって一石二鳥です!

私はこれを約10年くらい運用してますが、常日ごろから書かれてる職務経歴書は洗練度が違いますし、1年を振り返ってどれくらいのアウトプットができたかを見るのが毎年とても楽しみです。

それでは書き方や運用のしかたについて、紹介したいと思います。

続きを読む

知ってますか?『モチベーション100%』状態のこと

みなさんこんにちは、今の会社ではモチベーション5%で仕事している氷河期の住人だよ。

今日はみなさんよく聞く”モチベーション”という言葉についての記事ですよ!

そもそも「モチベーションが上がったり下がったりって、いったいどういう意味?」って思ったことないですか?よく耳にするけど全くもって意味不明な言葉、それがモチベーションです。

私も昔はよくわかりませんでした。最初に聞いたのは確か15年くらい前のテレビのサッカー中継だったと思います。「選手もモチベーションを保つのが難しいですね」とか言ってたのをうっすら覚えています。(サッカー中継って意識高そうな横文字をブッ込みがちですよね)

結論から言いますと『日常のモチベーションの高い低いっていうのは目標設定があやふやだから起きる』ということです。

私は運が良かったのか悪かったのか、いろんなものを背負って仕事をする機会がありました。そのとき自分の「モチベーション100%」というのを経験し、知ることが出来ました。(本文でもう少し詳しく書きます・・)

それではこれからモチベーション100%状態について書きますが、これを読んで頂いた方にはモチベーションに『目盛り』がつくのではないかと思います。そうすると他人から何かされたとしても、モチベーションをうまくコントロールできるようになるのではないかと思います。

続きを読む