つまづいた人がキャリアアップするための”中小企業への転職&仕事術”ブログ

氷河期の本格ものづくり

Fusion360を3D歴20年のベテランが要点だけ紹介【無料】

こんにちは、氷河期の住人だよ。

もうCADっていったら3Dが基本になってるよね。

3DCADなんて、ソフトが最低でも100万円くらいするものだったのですが、いまや無料で使えるものがたくさんあります。

そんな無料のCADのなかで一番ポピュラーなFusion360を始めてみました。

結論から言うと、

・・・無料なのにだいたいの機能は使えますね!すごい!!

ということです。

※この記事は普段から3DCADを触ってる人に説明する体で書きますので、3DCAD経験者の方はすんなり理解していただけるかと思います。

続きを読む

超簡単!ラダープログラムをマスターしよう!

こんにちは、自分の書いたラダープログラムが一週間でわからなくなる氷河期の住人だよ。

ラダープログラムって聞いたことあるけど、あれ何?
ぞう
ぞう

っていう方、簡単ですので勉強してみませんか?

Question他のマイコンとかと何が違うのか?
何ができて何ができないのか?

いろいろ思うところはあると思いますが、そんな考えるほどのものではありません。

この記事は、こんな人向けです。

Terget:機械屋さんなどラダーやったことない人

仕事の幅を広げて、オンリーワン人材を目指しましょう!

続きを読む

何社も渡り歩いたからこそわかる、図面を書くのに大事な3つのこと

こんにちは。ほぼ遊牧民みたいな社会人人生を送る氷河期の住人だよ。

さっそくですが、図面描いてモノを作ってもらう段階になって、色々トラブル起きませんか?

起きるね。なんでだろう?
ぞう
ぞう

私も20年やってますが、いまだにノートラブルというわけにはいきません。でもだいぶトラブルを未然に防げるようになりました。

いろんな会社に行くと、それぞれの会社を客観的に見ることができるので色々わかることがあります。今回は職を転々とした私が、図面を描く上で大切なことをまとめてみました。

Point!① どんな人が見てもわかりやすい図面を描く
② どんな人が見ても間違えない図面を描く
③ 加工の限界を見極める

これだけ押さえておけば、どこに行ってもトラブルの少ない図面を描くことができます。

働き方改革で早く帰るために、大事なことなんじゃないか?と思います。仕事をサッサと済ませて、ストレスフリーで充実したアフター5を楽しみましょう!

続きを読む

知ってる?今のJISは「幾何公差」を使わないと図面が描けないこと

こんにちは、氷河期の住人です。

もう数年前の話ですがJISの書き方が変わったのはご存知ですか?

幾何公差を知らないと図面が描けなくなってしまいましたね。

といっても、まだ全然広まった様子はないんですけどね。

なので今回は新JISで何がどう変わったかを今のうちに確認しておきましょう。

知ってるのと知ってないのは数年後にぜんぜん違いますよ!

新JISで機械図面を製図する方法、紹介します(JIS B0420)

続きを読む

誰でも簡単!PID制御の調整(チューニング)方法

みなさんこんにちは、全てを嫁に制御されている氷河期の住人だよ。

今回もちょっとディープなお話、PID制御についてです。

・・・PID制御はごぞんじですか?

昔からあるフィードバック制御で、いまだにPIDがポピュラーな制御法です。詳細はこちら↓

仕事やご家庭で「何か液体の温度を安定させたい・・・」という時とかに使えますので、覚えておくとすごく便利です。

この記事は機械屋さん向けです。なので難しいことは書きません。

さて今回はこのPID制御を現場で簡単に調整する方法ですが、ここでは限界感度法で調整する方法をご紹介します。18年前から、私が調整するときにまず最初にやる方法です。

今回は数式はほぼ使用しません。波形(の絵)を見ながら感覚でつかんでみてください。じっさい現場では途中から感覚でチューニングしますから・・

これを知ってるのと知らないのとでは調整の時間が大きく変わってきます。特に自分で設計したものは、自分で制御まで調整したいものですね!

続きを読む